いよいよコードブルーシーズン3が始まりましたねー!!

シーズン1も面白く、シーズン2も切なく、シーズン3はさらに期待できそうな展開になってきましたが、気になるのがこれからの展開ですよね。

何と言ってもメンバーたちの成長や葛藤がかなりリアルに描かれているので、見ていてもなんだか画面に食いついてしまいますよね。

そこで今回は『コードブルー3をネタバレします!7話の内容は・・・!』というテーマについてご紹介していきたいと思います!

またここからの展開が面白いので、ぜひ最後までしっかりネタバレを読んで、さらにコードブルーを楽しんじゃいましょう!!

 

 

ネタバレコードブルー3ネタバレ7話

辞退

西条章(杉本哲太)の部長室を訪ねた藍沢耕作、はトロント大へのレジデント候補の件を辞退することを決めて、その意思を伝えた。

天野奏のことが引っかかっているのか?と尋ねられたが、藍沢は別に関係ありませんと、少しつっけんどんに答えて部屋を後にした。

きっと、気にしているんだな…と誰もが思っただろう。

入れ替わりに来た新海広紀(安藤政信)は西条から藍沢の辞退を聞いてかなり驚いている様子を見せた。

 

すれ違い

救命フロアに向かう途中、藍沢は白石と鉢合わせになった。

だが、二人は最近なんとなくうまくいっていない感じがして、話しても通じない、目を見てもなんだかぎこちない…そんな日々を送っていた。

しかもそれはお互い、なんとなくわかっていた。

白石は奏の手術と救命の手術が重なったこと、藍沢が手術記録を書いていないことを心配していた。

だが、藍沢は白石には関係ないと冷たくあしらって言って、またどこかへと消えてしまった。

白石は少し、寂しさを感じていた。

 

芽生えた気持ち

緋山美帆子(戸田恵梨香)は緒方のリハビリに必死になっていた。

もうすぐでリハビリも終わるのだが、ここまで面倒な人はいない…というくらい手厳しい感じだった。

そんな2人を夫婦みたいだと眺める名取はあんな緒方のどこが良いのか?  と、緋山をからかう。

でも、彼女は笑っていた。

 

ネタバレコードブルー3ネタバレ7話まとめ

いかがでしたか!?

今回は『コードブルー3をネタバレします!7話の内容は・・・!』というテーマについてご紹介してきました!

なんだかすれ違ったり、くっついたり、また試練があったり…本当に見ていて心が休まりませんよね。

でもそこが面白いところ。

あなたもネタバレを見ながら、本編も思いっきり楽しんでみてくださいね!!