2012年の7月~9月まで放送された月9ドラマの『リッチマンプアウーマン』のスペシャルドラマとして作られた『リッチマンプアウーマンインニューヨーク』

王道の恋愛ドラマと違って、仕事のテーマにも深く切り込んでいてヒューマンドラマとしても見ごたえのあるドラマとして描かれているリッチマンプアウーマンでしたが、今回は、最終回の空港のシーンから1年9カ月間を描いた作品になっているようです。

ドラマでは、一度結ばれた二人がどうなっているのかが今回の話のメインになっているようです。

詳しく見てみましょう。

 

リッチマンプアウーマンインニューヨークのネタバレ

再会

舞台は、冬のニューヨーク。パーソナル管理システムに必要なHDDを調達する為に徹は海外の工場を視察していた。タブレットの同時通訳機能を使って、ここにある全てのHDDを買い取りたいと交渉しているが、工場の責任者には冗談だと思われて全く相手にされていません。

そんなニューヨークに来ている徹とエステル製薬で働いている真琴は、久しぶりの再会を果たし、束の間のデートを楽しみます。

 

短い同棲生活

ある日、勤務先のブラジルでリオのカーニバルが開催されるために、真琴は日本に一時帰国するよう1週間の休暇が与えられます。

久しぶりにNEXT INNOVATIONを訪れ、安岡とリサが結婚することを知ります。

真琴もリサから結婚式の招待状を渡されますが、滞在中の宿を取っていない為に早々と帰ろうとしますが、リサや周囲の勧めもあり、徹の家に泊まることになります。

そうして、短い同棲生活が始まり、真琴は張り切って朝食を作ったり、タオル掛けにタオルを掛け繰り返し使用して生活します。

 

すれ違い、そして別れ

そんな生活に対する価値観の違う真琴との生活は、段々と徹にストレスを与えます。

生活感が出ることを嫌う理由は、母親に捨てられた経験があるが故。仕事のトラブルも抱える中で、とうとう真琴から「あなたは、人と生活することが慣れていないから」と一番言ってほしくない一言をいわれてしまいます。

安岡とリサの結婚式で会った徹から別れようとの言葉。そのままボストンへ帰国する真琴は、飛行機の中で号泣し、しばらく仕事に没頭します。

 

再び再会

仕事のトラブルも朝比奈がNEXT INNOVATIONを復帰してくれたおかげで、すべて良い方向へ向かう徹。

しかし、やはり真琴の事が忘れられない徹はボストンに会いに行きます。

一方、真琴にも朝比奈から徹が会いにボストンに来てると連絡が入ります。

再会した2人は、本音を言い合い、そしてお互いが変わって一緒にいようと約束するのでした。

 

リッチマンプアウーマンインニューヨークのネタバレのまとめ

いかがでしたか?

『リッチマンプアウーマンインニューヨークのネタバレ!感動間違いなし』をご紹介しました。

これで、一応このシリーズも終わりなのでしょうか?

でも、感動のラストで終わったので良かったですよね。ぜひ本編をご覧になってみてください。