大ヒット医療ドラマとして有名な、「救命病棟24時」。

今作もついに第5シリーズに到達、ついに最終回の10話を迎えました。

そんな大人気作品「救命病棟24時」第5シリーズ10話のネタバレ、一気にご紹介します!

 

「救命病棟24時」第5シリーズ10話のネタバレ!

未知のウイルス感染!

小島楓は病院に到着してすぐ、吐血した患者の対応に追われた。

その対応中、国友花音がその患者の血液を浴びてしまう事件が発生。

国友に、血液の洗浄を促し、仮眠室で様子を見ることになった。

すると、その吐血した患者が、アフリカから帰国したばかりのフリーカメラマン兵頭だと発覚…。

 

小島楓の最後の闘い

兵頭の血液を感染症研究センターで検査することに。

すると、極めて危険なマールブルグ病を引き起こす可能性のあるウイルスだったことが判明。

そして発症した兵頭は亡くなってしまった…。

隔離されていた国友も発症し、なんと次々とマールブルグ病と思しき患者が運び込まれてくる。

果たして、小島は国友や患者たちを救うことが出来るのか?

 

「救命病棟24時」第5シリーズ10話の見どころはココ!

江口洋介無しでも楽しめる!

第1シリーズからの視聴者としては、やはり江口洋介がいないと楽しめないのでは?という疑問。

そんなことはありません!私は十分楽しめましたよ!

主演の松嶋菜々子はもちろん、それ以上に光っていたのは時任三郎の脇役ぶり。

本当に、この第5シリーズでいい味出してました。

全シリーズの中でも最低視聴率!や黒歴史!などと書かれることもありますが、このシリーズはこれで良い作品に仕上がっています。

未視聴の方、今すぐ救命病棟24時の大シリーズの動画を確認して下さいね。

 

やっぱりエンディングはいつものドリカム!

救命病棟24時と言えば、ドリカム!と言っても過言ではないでしょう。

全シリーズを通して、彼らが主題歌を担当。

この第5シリーズでは「さあ鐘を鳴らせ」が使用されています。

実は、この曲でドリカムは3年ぶりの紅白歌合戦出場を果たしたのです。

そんな記念すべき1曲、是非ドラマと共に楽しんで下さい!

 

「救命病棟24時」第5シリーズ10話のまとめ

「救命病棟24時」の第5シリーズ10話に関する記事、いかがでしょうか?

長年愛されてきた本作品も、この第5シリーズで区切りを迎えています。

そんな大人気作品の最終章、是非動画で確認してみて下さいね。