医療系ドラマとしてはかなりの大ヒットを記録し、今もなお愛され続けているコードブルーですが、あなたもファンの一人ですか?

毎回ドキドキの展開で、思わず手に汗握ってしまいますよね。

ですが、そんなところがまるで映画を見ているようでとにかく面白い!!と大好評の医療系ドラマなんですよね。

今回はみんなが特に気になっている『コードブルーをネタバレします!9話ですごいことになってきた!』というテーマについてご紹介sていきたいと思います!!

この記事を読めばさらに本編がわかってくる…!?

 

ネタバレコードブルー9話ネタバレ

切断という決意

現場はかなり緊迫していた…。

なんと藍沢(山下智久)は、爆発事故の現場で落下物に右腕をはさまれてしまった黒田(柳葉敏郎)を救出する重要な任務を任されたのだ。

そして、その場で彼の腕を切断することを決断した。

黒田は、事故現場にとり残されていた患者を助けようとしていたのだが、運悪く挟まってしまったのだ。

安全確認をする前に現場に飛び込んだ白石(新垣結衣)を救おうとしてこの事故に遭ってしまった…。

そして自分の腕を切るよう藍沢に命じたのは、黒田自身だった。

あまりに悲惨な出来事にみんな何も会話ができないまま、時間だけが過ぎていった…。

 

辛い現場

藍沢は、緋山(戸田恵梨香)、白石とともに黒田を翔陽大学附属北部病院の救命救急センターに搬送することにした。

救命救急センターで待ち構えていた仲間たちは、耳を疑った…あの黒田が切断!?

森本は、検査を後回しにして藍沢とともに緊急オペに入り、切断された右腕の接合手術を開始することしかできなかった。

その切断の原因になってしまった白石は、ショックのあまり何度も嘔吐し、誰が何を言っても聞く耳を持たず、ずっとずっと自分自身を責め続けていた。

 

切り替え

そこに、タイミング悪く、ドクターヘリの出動要請が入る。

ところが白石は、どうにもならなくてその場で過呼吸になり、しゃがみこんでしまった。

そんな彼女を見て、藍沢はため息をつきながらも自らドクターヘリに乗り込んだ…。

白石はそれでもずっと自分を責め続けていた。

 

ネタバレコードブルー9話まとめ

いかがでしたか?

今回は『コードブルーをネタバレします!9話ですごいことになってきた!』というテーマについてご紹介しました!

どんどん厳しくなる現場に思わず息が止まってしまいそうですよね…。

ぜひ、コードブルーの9話、本編で楽しんでみてくださいね!!