キャストもストーリーも言うことなしに楽しすぎる!!と言われているのが、コードブルーですよね。

主演の山下智久さんは、このドラマからかなり人気が出たとも言われていますし、さらに俳優としてのスキルも上がったと言えるのではないでしょうか?

テーマがシリアスなのにもかかわらず、多くの人を魅了しつづけているコードブルー。

そこで今回は『コードブルー2のネタバレ!8話の内容が知りたい人はこちら』というテーマについてしっかりとご紹介していきたいと思います!!

あなたのこのネタバレ記事を読んで、さらにコードブルー2を楽しんでみてくださいね。

 

ネタバレコードブルー2ネタバレ8話

それぞれの苦難

藍沢耕作(山下智久)は、白石恵(新垣結衣)に父の誠次(リリー・フランキー)と会い、母の死の真相を聞いたことを話しだした。

白石は、今ならなんとなく藍沢の気持ちがわかるような気がしたし、なんとなく自分と重なる部分があると思った。

一方、緋山美帆子(戸田恵梨香)の医療過誤を訴えだしたのは野上明彦(松田賢二)。

事態はかなり泥沼化してきたため、彼女だけではどうにもこうにもならない状況まで陥っていた。

この問題にみんなが直面していて、それぞれがそれぞれの役割に追われるようになっていた。

 

新たな患者

そんな時、また消防からドクターヘリ要請が入る。

今度はアナフィラキシーショック(アレルギー反応による重篤な症状)と思われる高校生の救命搬送の依頼だったが、経験者はあまりいなかった。

しかも、一人だけでなく、その数はものすごいことになっていき、これでは人手も足りなくなってしまう事態に。

だが、一刻も早く一人一人を的確に処置しなければいけないということは誰もがわかっていた。

 

鎮まっていく

アナフィラキシーショックの集団発生の件は、なんとか鎮まってきたため、みんなも落ち着きを取り戻してきた。

その夜、白石は父の博文に電話。

今まで自分が無駄に反抗してきたことや、父の病気に気づかなかったことを素直に謝罪することにしたのだ。

すると、博文は自分や家族を後回しにするのは、白石が医者だからだと答える。

そう知ったことによって、白石の中で今まで張り詰めていた糸が切れたような気がした。

 

ネタバレコードブルー2ネタバレ8話まとめ

いかがでしたか!?

今回は『コードブルー2のネタバレ!8話の内容が知りたい人はこちら』というテーマについてご紹介してきました!

なんだかだんだんと問題も沈静化してきたような!?

次回のストーリーにも期待大ですよね!!