大人気漫画の実写化、映画「闇金ウシジマくん」。

主演の山田孝之の怪演と闇金というディープな内容で、ドラマ化の時から話題に。

その映画「闇金ウシジマくん」の気になるネタバレと見どころをここでは紹介していきます!

 

映画闇金ウシジマくんのネタバレ

丑島馨の「カウカウファイナンス」

東京、新宿で「カウカウファイナンス」という闇金業者の社長を務める丑嶋馨。

法外な金利を付ける会社だが、それでも消費者金融会社でお金を借りることの出来ないお客が後を絶たない。

ギャンブル中毒の文江も、その顧客の1人だった。

 

ニートの未來とギャンブル依存症の文江

19歳の鈴木未來は、就職も進学もせずに週末だけ母親、文江の経営するスナックでアルバイトをしていた。

その母親、文江は幼い息子もいるにも関わらずギャンブル中毒で、カウカウファイナンスのお世話になっていた。

しかし、そのギャンブル用の借金の利息返済がキツイ文江は、売春をやって何とか返済をしていた。

それでも返済出来ない分は、丑嶋に存在を知られた未來が肩代わりすることになってしまう。

 

イベサーオーガナイザーの純

ニートの未來の幼馴染の小川純は、イベントサークルのオーガナイザーをしており、いつか成り上りたいと思っていた。

イケメン集団BUMPSをエサに、ギャルたちからイベントでお金を巻き上げる日々。

しかし、あるメンバーがカウカウファイナンスでの借金を返済出来ず、丑嶋と顔見知りになりトラブルに巻き込まれる。

果たしてこのカウカウファイナンスのお客たちは、借金を無事に返済出来るのか?丑嶋の逆襲とは?

 

映画闇金ウシジマくんのココが見どころ!

想像以上にヘビーな純への仕打ち

借金まみれになった小川純。

丑嶋が純にした仕打ちが、「ワインまみれで富士の樹海に放置」。

虫が湧きまくり、恐らく死んだと思われるこのグロデスクなシーン。

想像以上にかなりヘビーな内容に仕上がっていますので、見ていない方は映像を確認してください!

 

映画闇金ウシジマくんのまとめ

映画「闇金ウシジマくん」のネタバレ記事、いかがでしたでしょうか?

闇金モノというあまり外しの無い、展開の読めるストーリー。

ですが、主演の山田孝之の演技が「丑嶋馨」に馴染んでおり、実写化でも問題なく見ることが出来ます。

まだ視聴していないという方は、今すぐ映画「闇金ウシジマくん」を見て下さいね!